プロジェクトリーダーの役割について

IT企業は単に個人が勝手に動いているわけではありません。あらゆる案件ごとにチームを組み、それぞれにプロジェクトマネジメントが重要になっています。
そんな中でもプロジェクトリーダー、ようするにプロジェクトを率いるリーダーの役割は非常に重要です。まずはプロジェクトメンバーの選定、コスト管理、役割分担、進捗管理、さらには社内だけではなく状況によっては顧客への進捗説明や立ち合い検査などにも席委任者としてかかわっていくことになります。すべてにおいてを把握で来るわけでもありませんので県気に状の範疇も自分自身で決めなければなりません。さらに重要なのは課題が発生した際の問題解決能力です。ビジネスですから最終的には全体最適、そして企業にとってプラスにプロジェクトをもっていかねばなりません。一人の技術者としての役割に甘んじることなく、全体把握することを求められるわけです。
プロジェクトマネジメントは経験も重要な要素です。

プロジェクトリーダーの仕事を探すならこちらのサイトがおすすめです。

システムエンジニアの仕事について

システムエンジニアはIT業界の中でもよく知られた名前だと思います。略してSEと言われています。仕事の内容は簡単に言うと依頼人からの聞き取り調査を行い依頼人が望むようなシステム設計を行うことです。その中でも聞き取り調査の部分はとても大切な業務になります。依頼人がどのようなシステムを望んでいるのかを明確にしていかないと後になって修正を求められたりして困るのは自分自身です。しかし予算や期間などもありますので、その中でできることを算出して、依頼人の要望をいかに実現していくかということが求められる仕事なのです。そこで練られた内容でシステム開発を進めて行きます。システムが完成してから使用運転をして見て設計通りに機能するかということを確認することもシステムエンジニアの仕事になります。システムエンジニアは技術面だけではなく依頼人のニーズに答えたりできないことを断ったりしなくてはならないので、コミュニケーションの能力も必要になってきます。新しい技術なども年々増えてくるので日々勉強のような仕事なのです。新しいことをその都度その都度覚えていかなければならないので、それに関しても大変な作業が続いて行きます。システムエンジニアは気力と根性が勝負の仕事なのです。

システムエンジニアの仕事を探すのであればこちらがお勧めです。

基本的なWEBデザイナーの仕事

グラフィックソフトを使わずブラウザ上でデザインしていく手法もありますのでケースバイケースではありますが、基本的にはクライアントの要望を元にPhotoshopなどのグラフィックソフトを利用してデザインを作ります。ディレクターがワイヤーフレームというデザインのレイアウトを簡略化したものを用意しているケースもあります。もしもワイヤーフレームがあったら、それに合わせてレイアウトをしていきます。デザインを複数パターン作り、そのうちのどれかにOKが出たらそのデザインを詰めていきます。案件にも寄りますが、ここで終わりではなく自分でコーディングという作業までこなす場合もあります。コーディングというのはHTMLやCSSを書いていきホームページを実際にブラウザで見られる形にしていく作業です。そして、この作業が終わったらひとまずは終了です。あとはクライアントの要望を元に細かなデザイン修正をしていったりということがあるかもしれません。

Webデザイナーの仕事を探すのであればこちらのサイトがお勧めです。

コーダーとの領域が曖昧なフロントエンドエンジニアの仕事

昔はHTMLコーダーと呼ばれていた職種の人々が最近ではフロントエンドエンジニアと呼ばれるようになってきています。HTMLコーダーとフロントエンドエンジニアとを明確にわけているところもありますし、同じように扱っているところもあるようです。もともとコーダーと呼ばれてHTMLとCSS、時にはJavascriptでコーディング、簡易的なプログラミング作業をしていたのが、だんだんとやらなければいけない範囲が増えてきたためにフロントエンドエンジニアと呼ばれるようになったようです。フロントエンドエンジニアの名前の通り、サーバーサイドの領域は含まず、フロント側だけを扱います。HTMLやCSSといったコーディング作業も昔と違ってやることが増え、自動化をさせる必要が出てきたりしてきており必要なスキルが増えています。例えばCSSを直接書くのではなくSASS(SCSS)といったメタ言語を使うのが標準となっていますし、JavascriptもBabelやTypescriptといったもので変換したりする必要も出てきます。こういった作業まで対応でき、それなりに高度な仕掛けをフロント側に作れる人材がフロントエンドエンジニアです。

コーダーの仕事フロントエンドエンジニアの仕事を探すのであればこちらがお勧めです。

Webディレクターの仕事

Webディレクターの役割は、与えられたWeb制作業務の実行管理において、発注者と制作者をつなぎ、成果物の品質に責任を持つ役割になります。実務の仕事としては、発注者との打ち合わせやヒアリングを通して、制作要件をまとめ、制作者に指示を出すと共に、納期やコストに関して管理を行い、制作の実行を監視するのが仕事となります。制作現場の上流工程にあたるた業務を行うため、Web制作における一定のスキルや知識が必要となり、デザイナーや制作の出身者がこの職種を勤めるケースが多くあります。

○一日の仕事の流れ
Webディレクターの業務は多岐に渡り、またスケジュールを管理する立場であることから、仕事の内容は自身で組み立てることが多く、決まった仕事の流れがないのが現状です。その中でも、一日の仕事の内容をいくつかに分けて紹介します。

・お客様との打ち合わせ
メールや電話、時には実際にクライアント先に出向いて、仕事の段取りや要件について内容を詰める仕事があります。社内の制作メンバーだけでなく外との関わりを持つ必要があるのが、Webディレクターの仕事です。

・制作者との打ち合わせ・依頼
決まった制作物を要件に沿って制作をしていくために、実際に手を動かす制作者に指示を出していきます。制作者とのやり取りや指示方法はプロジェクトによってさまざまなものがあります。特に制作者を外に置いて制作を行う現場と、内部の制作者を使って業務を行う現場ではその内容は大きく異なります。

・スケジュール・品質・コストの管理
制作を進めていく中で、仕事が適切に行われているかをチェックするものWebディレクターの仕事です。仕事を割り振ったメンバーの稼働の確認や、発注にかかる予算や納期の管理まで、ドキュメントに残しプロジェクトの見える化を行います。こちらの管理には、事前の「計画」が非常に重要になります。きちんとしていない計画の現場では様々なトラブルが起こり、制作が滞ってしまうことがあります。

Webディレクターの仕事を募集しているサイト

社内SEの仕事内容

システムエンジニアという職種にも種類があり、社内システムの管理が主な業務内容なのがこの社内SEと呼ばれる存在です。

社内SEの仕事は、社内のコンピュータシステムが問題なく動作するように管理することです。よって、各個人用のPCやサーバ、プリンタなどに異常が起こった時にすぐにその対応を行うのがメインになります。
そして、入社してきた社員や異動があった人のPCやメール、権限などの設定を行ったり、コンピュータやソフトに関して分からないことを聞かれた時に教えるのも仕事です。

特にすぐにやることがない時にも、サーバなどがきちんと動作しているかの管理を行います。定期的にバックアップをとることが義務付けられている場合もあるので、それも忘れないように行わないといけません。
また、OSやビジネスソフトを一気に入れ替えるような他の社員が誰も居ない時にしかできない作業もあるので、皆が帰った後の夜中に仕事をすることもあります。

このような職種なので、PCやコンピュータ自体が好きではないと勤まる仕事ではありませんが、逆に趣味でそのようなコンピュータ関連にとても興味がある人にとっては天職になる可能性のある職種かも知れません。

社内SEの仕事を探すのに役立つサイト