コーダーとの領域が曖昧なフロントエンドエンジニアの仕事

昔はHTMLコーダーと呼ばれていた職種の人々が最近ではフロントエンドエンジニアと呼ばれるようになってきています。HTMLコーダーとフロントエンドエンジニアとを明確にわけているところもありますし、同じように扱っているところもあるようです。もともとコーダーと呼ばれてHTMLとCSS、時にはJavascriptでコーディング、簡易的なプログラミング作業をしていたのが、だんだんとやらなければいけない範囲が増えてきたためにフロントエンドエンジニアと呼ばれるようになったようです。フロントエンドエンジニアの名前の通り、サーバーサイドの領域は含まず、フロント側だけを扱います。HTMLやCSSといったコーディング作業も昔と違ってやることが増え、自動化をさせる必要が出てきたりしてきており必要なスキルが増えています。例えばCSSを直接書くのではなくSASS(SCSS)といったメタ言語を使うのが標準となっていますし、JavascriptもBabelやTypescriptといったもので変換したりする必要も出てきます。こういった作業まで対応でき、それなりに高度な仕掛けをフロント側に作れる人材がフロントエンドエンジニアです。

コーダーの仕事フロントエンドエンジニアの仕事を探すのであればこちらがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です