社内SEの仕事内容

システムエンジニアという職種にも種類があり、社内システムの管理が主な業務内容なのがこの社内SEと呼ばれる存在です。

社内SEの仕事は、社内のコンピュータシステムが問題なく動作するように管理することです。よって、各個人用のPCやサーバ、プリンタなどに異常が起こった時にすぐにその対応を行うのがメインになります。
そして、入社してきた社員や異動があった人のPCやメール、権限などの設定を行ったり、コンピュータやソフトに関して分からないことを聞かれた時に教えるのも仕事です。

特にすぐにやることがない時にも、サーバなどがきちんと動作しているかの管理を行います。定期的にバックアップをとることが義務付けられている場合もあるので、それも忘れないように行わないといけません。
また、OSやビジネスソフトを一気に入れ替えるような他の社員が誰も居ない時にしかできない作業もあるので、皆が帰った後の夜中に仕事をすることもあります。

このような職種なので、PCやコンピュータ自体が好きではないと勤まる仕事ではありませんが、逆に趣味でそのようなコンピュータ関連にとても興味がある人にとっては天職になる可能性のある職種かも知れません。

社内SEの仕事を探すのに役立つサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です