Webディレクターの仕事

Webディレクターの役割は、与えられたWeb制作業務の実行管理において、発注者と制作者をつなぎ、成果物の品質に責任を持つ役割になります。実務の仕事としては、発注者との打ち合わせやヒアリングを通して、制作要件をまとめ、制作者に指示を出すと共に、納期やコストに関して管理を行い、制作の実行を監視するのが仕事となります。制作現場の上流工程にあたるた業務を行うため、Web制作における一定のスキルや知識が必要となり、デザイナーや制作の出身者がこの職種を勤めるケースが多くあります。

○一日の仕事の流れ
Webディレクターの業務は多岐に渡り、またスケジュールを管理する立場であることから、仕事の内容は自身で組み立てることが多く、決まった仕事の流れがないのが現状です。その中でも、一日の仕事の内容をいくつかに分けて紹介します。

・お客様との打ち合わせ
メールや電話、時には実際にクライアント先に出向いて、仕事の段取りや要件について内容を詰める仕事があります。社内の制作メンバーだけでなく外との関わりを持つ必要があるのが、Webディレクターの仕事です。

・制作者との打ち合わせ・依頼
決まった制作物を要件に沿って制作をしていくために、実際に手を動かす制作者に指示を出していきます。制作者とのやり取りや指示方法はプロジェクトによってさまざまなものがあります。特に制作者を外に置いて制作を行う現場と、内部の制作者を使って業務を行う現場ではその内容は大きく異なります。

・スケジュール・品質・コストの管理
制作を進めていく中で、仕事が適切に行われているかをチェックするものWebディレクターの仕事です。仕事を割り振ったメンバーの稼働の確認や、発注にかかる予算や納期の管理まで、ドキュメントに残しプロジェクトの見える化を行います。こちらの管理には、事前の「計画」が非常に重要になります。きちんとしていない計画の現場では様々なトラブルが起こり、制作が滞ってしまうことがあります。

Webディレクターの仕事を募集しているサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です