基本的なWEBデザイナーの仕事

グラフィックソフトを使わずブラウザ上でデザインしていく手法もありますのでケースバイケースではありますが、基本的にはクライアントの要望を元にPhotoshopなどのグラフィックソフトを利用してデザインを作ります。ディレクターがワイヤーフレームというデザインのレイアウトを簡略化したものを用意しているケースもあります。もしもワイヤーフレームがあったら、それに合わせてレイアウトをしていきます。デザインを複数パターン作り、そのうちのどれかにOKが出たらそのデザインを詰めていきます。案件にも寄りますが、ここで終わりではなく自分でコーディングという作業までこなす場合もあります。コーディングというのはHTMLやCSSを書いていきホームページを実際にブラウザで見られる形にしていく作業です。そして、この作業が終わったらひとまずは終了です。あとはクライアントの要望を元に細かなデザイン修正をしていったりということがあるかもしれません。

Webデザイナーの仕事を探すのであればこちらのサイトがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です