ネットワークエンジニアが行う仕事

ネットワークエンジニアが行う仕事

インターネットがビジネスインフラの根幹を担うようになり、IT企業でもネットワークエンジニアの存在がますます重要になってきました。
ネットワークエンジニアは、取引先や顧客てある企業のネットワーク設計・導入・運用支援が主な仕事になります。
対象となる企業に最適な回線を選択し、どのうようなネットワーク構成にすべきかを検討し設計を行います。
設計をするに当たり、企業の組織形態、拠点の有無、そして、拠点間の予想される通信量を予測してネットワークの種類を選択します。
コストを重視するあまり、通信スピード・帯域が小さいと実際の運用ではネットワークに負荷が掛かり過ぎて、ストレスが溜まる構成になりますので、最適な回線メニューを選ぶ必要があります。
また、情報漏えいやウイルス、ハッキングに対するセキュリティ対策も必要なことから、ネットワーク機器に対しても外部からの不審なアアクセスに対する強度を強める必要もあります。
そのような意味で、ネットワークエンジニアの仕事は、その企業の業種・業態を熟知しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です