IT案件のプロジェクトマネジメント

私は顧客に対するIT案件のプロジェクトマネジメントのリーダーを担当しています。
案件そのものはそれほど大きくはありませんが社内横断的な組織でプロジェクトを構成し、推進する役割です。もちろん技術者やSEに関しては相当レベルの高く黒の能力は高いのですがどうしてもトータルで考えた際のコストマネジメントやスケジュール管理が苦手なメンバーが多いのも特徴です。
特に社内横断的な組織形成をとっているため、責任分担が曖昧になりがちなところも大きな問題です。私自身はITに関する知識はそれほど高くわけではありませんが営業経験があり、社内調整や役割分担を明確にする、または開発にあたっての隙間をどうやって埋めるかと言う管理を行うことに関してはそれなりの経験がありますのでちょうどマッチした人材だと自分自身で感じています。こうしたプロジェクトを推進する際にはどれだけ主体者意識を持って仕事をさせるか、さらには自分自身のミッション以外もどうやって目を向けさせるかが大きなポイントになってくると思います

システムエンジニアの役割について

1.システムエンジニアの作業内容
システムエンジニアは会社によって作業内容に多少違いはありますが、大まかには下記の作業を行います。
① 要件定義書作成
依頼人(クライアント)と営業やプロジェクトマネージャーが練った機能仕様書を読み解き、成果物の機能要件を洗い出します。
この作業をきっちり行えないとプロジェクトはかなりの確率で遅延します。
記述内容はクライアントにも分かるように書きます。

② 方式定義作成
要件定義書を基に、製造を行えるように様々な情報を設定します。
ファイル構成やディレクトリ構成、どの機能をどのように作成するか等を決めます。
記述内容はエンジニア向けに書くことが多いです。

③ 製造(プログラミング)
①②の成果物を基にして、製造を行います。

④ テスト項目書の作成
②の成果物を基にテスト項目書を作成します。
想定できる動きを書き出していくので、実際の動作としてはありえないような事も項目に記述したりします。

⑤ テストを実施
④の成果物を基にテストを実施します。
テスト中にエラーが出るのが常なので、エラーが発生するたびに障害書を作成します。
テストには段階がいくつかあり、徐々にエラーは減っていく様になります。

2.システムエンジニアが学ぶべきこと
プログラミングの知識以外に、何を作りたいのか認識していないと、
何も作れないので各現場ごとに作りたい物に対しての知識が必要になります。
機能仕様書にほとんどの事は記載されていますが、専門用語などが多く現場に入ってから自分で調べる事が大切です。
昨今はプログラミング知識はネットで調べれば出てくるので、作りたいものに対する知識を持っているほうが重宝されています。

3.まとめ
システムエンジニアとプログラマーの違いは、要件定義から作成するか、製造から作成するかにあります。
システムエンジニアの場合、プロジェクトの進行を左右する要件定義から作成する為、
責任も大きくなりますが、単価も大きくなります。
また重要なのは最低限のプログラミングとパソコンに対する知識と、業務に対する深い知識です。

システムエンジニアの転職は必ず資格でアピールする事

自分の好きな仕事をする中で最近ではシステムエンジニアとして働いていく事を考える方も多いのではないのでしょうか。やはりこのような仕事をする中で自分の今後にとって大変素敵なスキルを磨いて最適な仕事の中で素敵な時間を送っていく事ができます。システムエンジニアは大変ハードで最近では大変多くの言語が市場に出ていますので、転職市場もどの言語に強みがあるエンジニアあかで細分化されています。自分の好きな言語を駆使して最適な仕事を勝ち取っていく事は今後の労働市場で自分が勝ち組となるには大変重要な事となるのです。自分が業務で行っている言語の資格を取得する事は大変重要な転職の際のアピールとなります。このような資格を全面にアピールする事で自分らしいスキルで面接官に的確にアピールする事ができます。素敵な人生にはこのような方法で自分をアピールして多くの内定をゲットする事も大変重要な事となるのですから是非、面接前や在職期間中にきちんとした資格をゲットする事で自分らしい転職活動を行っていく事を考えてはいかがでしょうか。やはりその分野のスペシャリストは大変重宝される傾向がありますので、そのような点を十分に考えていく事で自分らしい人生を愉しんでいくことが重要な考え方となります。素敵な自分でいつまでもいるには継続的な学習を頑張っていく事が大変重要な事となるのです。自分を強くアピールする事が成功する転職には重要な事となるのです。

中途採用のシステムエンジニアに求められる要件

システムエンジニアの転職希望者は、色々な実績や経験を持っている人が面接を受けにきますが、採用側で即採用したいと思える人は、過去の実績を多く持っている人を優先することは、ほとんどありません。。
大事なことは、その人がどんなスキルを持っているか、そして、そのスキルをどのように活かしたいのか、自分のピジョンをしっかりの持っている人が、採用要件の事項と考えます。
しかも、面接を受ける企業で、そのスキルを使い、具体的な貢献度合いや想いを語ることができる人ならば、大変有望な人材と言えます。
また、周りの人間との協調性が取れることも、重視しています。
転職組を受け入れる目的は、即戦力として活躍してもらうことです。
しかし、システムエンジニアの仕事は一人で成し得るものではありません。
チームとしての活動が必要なので、協調性を取ることができることも重視しています。
スタントブレイ的な傾向の強い人は、どんなにスキルを持っていても、ビジョンが明確に語れたとしても、決していい結果を生み出すことができません。
むしろ、周りとの軋轢を作るだけです。
面接をしている時に、こちらの質問に応えるだけでなく、積極的に自分の論理を展開して述べる人がいますが、その多くは人の話を聞くより、一方的に話す傾向が強いので、おそらく自分優先でしか物事を考えることができないタイプです。
このような人は、中途採用でも採用するケースは、全く皆無です。
自分のビジョンをしっかりと有しつつ、チームワークも図ることができる人を優先的に採用していくことになります。

 

IoT開発の仕事の未来

IoTの仕事はある意味、基本技術に関しては汎用化されているといっても過言ではないでしょう。モノのインターネットといってもそのモジュール開発によって単価が下がったり、軽くなったり、耐久性があがるといえるだけです。

むしろ、その仕事の未来を考えるのであれば、いかにサービスを提供することができるのか検討する能力にかかってくると思います。そして、企業としての技術力だけではなく提案力やサービス開発、さらにはメンテナンスを含めてトータルで抱えることができなければ継続的な受注を行う事は難しいといえます。

技術者の役割としてはいかにメンテナンスをしやすい仕様にすることができるかどうか、また物との相性をいかによく設計することができるかにかかってきます。それからは企業として企画部門や営業部門の力にかかってくるところがこれからは間違いなく重くなるはずです。

企業としてのトータル提案行うことで将来を大きく開けてくると思います。

 

IoT開発の仕事

IoTの仕事に携わるのであれば、末端よりもさらに中枢で各社外と関わっていくべきだと
考えます。
なんといってもプロジェクトそのものが非常に大きなものであり、いかに売り上げに
つなげることができるかというのは、かなりの死活問題になるような、課題に
なるわけですから。社外に同様の方向性を見出す企業であれば、提携する、
または提案をいかに共同で行うかといったところまで踏み込んで、連携を
模索した方が良いかもしれません。

IoTの仕事はなんといっても蓄積されたノウハウが必要でかつ、用途により、求められる
レベルも高いことは確かです。
だからこそ、わかい人材を交流につなげるために他者との連携を模索することが
大前提になってくることは間違いのない事実となります。

ここの技術者のスキルだけでは個別案件に対応しきれないということがあってはなりません。だからこそ他社と連携することで心の壊れていくことが大きなポイントになってきます。