システムエンジニアの役割について

1.システムエンジニアの作業内容
システムエンジニアは会社によって作業内容に多少違いはありますが、大まかには下記の作業を行います。
① 要件定義書作成
依頼人(クライアント)と営業やプロジェクトマネージャーが練った機能仕様書を読み解き、成果物の機能要件を洗い出します。
この作業をきっちり行えないとプロジェクトはかなりの確率で遅延します。
記述内容はクライアントにも分かるように書きます。

② 方式定義作成
要件定義書を基に、製造を行えるように様々な情報を設定します。
ファイル構成やディレクトリ構成、どの機能をどのように作成するか等を決めます。
記述内容はエンジニア向けに書くことが多いです。

③ 製造(プログラミング)
①②の成果物を基にして、製造を行います。

④ テスト項目書の作成
②の成果物を基にテスト項目書を作成します。
想定できる動きを書き出していくので、実際の動作としてはありえないような事も項目に記述したりします。

⑤ テストを実施
④の成果物を基にテストを実施します。
テスト中にエラーが出るのが常なので、エラーが発生するたびに障害書を作成します。
テストには段階がいくつかあり、徐々にエラーは減っていく様になります。

2.システムエンジニアが学ぶべきこと
プログラミングの知識以外に、何を作りたいのか認識していないと、
何も作れないので各現場ごとに作りたい物に対しての知識が必要になります。
機能仕様書にほとんどの事は記載されていますが、専門用語などが多く現場に入ってから自分で調べる事が大切です。
昨今はプログラミング知識はネットで調べれば出てくるので、作りたいものに対する知識を持っているほうが重宝されています。

3.まとめ
システムエンジニアとプログラマーの違いは、要件定義から作成するか、製造から作成するかにあります。
システムエンジニアの場合、プロジェクトの進行を左右する要件定義から作成する為、
責任も大きくなりますが、単価も大きくなります。
また重要なのは最低限のプログラミングとパソコンに対する知識と、業務に対する深い知識です。