IT業界の管理職として定期的に進行チェックを!

IT業界の管理職に求められることと言えば、やっぱり現場の管理になるわけです。プロジェクトが滞りなく進捗していくように、IT会社の管理職は努めなければならないわけですからね。
だからこそ、一人一人がちゃんと計画に沿って順調に進んでいるかを定期的にチェックしなくてはならないのですが、まあ忘れてますね。私だけではなく、他のIT会社の管理職の人もわりと忘れがちな傾向があることは否定することができないとは思うわけです。
というのも、プロジェクトの管理だけをやっているのでしたら、そりゃあちゃんと一人一人の進行状況をチェックできることでしょう。しかしプロジェクトチームのチーフのほとんどが、自分も現場の作業員の一人として仕事を進めていることが多いわけですから、ですからこそついつい忘れがちになってしまうわけです。
いや、まるっきり忘れているわけではないのですが、「定期的なチェック」のその定期の間隔が長くなりがちになってしまうのですよね。本当はIT業界の管理職としてはコンスタントにチェックしなくてはいけないとは思うのですが。理想と現実との間には違いがあるわけです。

IT業界の管理職に求められるのは納期までに納品すること

IT業界の管理職として求められることといえば、「製品をちゃんと納期までにあげること」でしょう。主に上(社長)から求められることはコレですね。現場のことをさっぱり把握していないのにも関わらず、「納期までにあげてよー」とのんきに言われますと、ここでは発言を控えさせていただきたいぐらいの感情が沸き起こりますけれどね。
加えて、安い値段で仕事をとってきた営業に対しても、同じことを思いますよ。しかしそれでも、IT業界の管理職ともなれば、なにがなんでも納期までには納品しなくてはならないのです。
中身がスッカスカでも、IT会社の管理職には「必ず入れてくれること」を期待されますからね。というか期待というか、さらっと「義務」として言ってきますからね。現場のことなんてさっぱりわかっていない人たちが!
などと、愚痴になっていきますので慎んで、そして話を戻しますと、IT業界の管理職に求められていることといえば、やっぱり「納期までに納品すること」これがまず大事なのではないでしょうか。

IT管理職は作業スケジュール調整します

IT管理職になった場合、以前は開発分野に携わっているなど、色んなIT経験を踏んでいるケースも多いです。一つずつしっかりと習得していくことで、管理職としても認められるようになりますし、幅広く業務に関わることができるので、充実できます。しっかりとスケジュール管理することで仕事の進め方なども無理なく行えますし、やはりプロジェクトメンバーとの連携が業務を成功させることにつながります。管理職としてメンバーをまとめる中で、今までの経験や知識などもプラスになっていますし、仕事の進め方なども把握できるので、メンバーへの割り振り方も理解できます。開発業務や障害対応などあらゆる仕事をしてきたので、その経験が管理職になって理解できるようになりました。現場で働いていた頃と違い、今は顧客先との交渉などもありますし、幅広く対応してくことでチームメンバーとの連携、顧客先との交渉もスムーズにできますし、管理職としてまとめていけます。

管理職としてIT業界で頑張っています

IT業界で働くようになり、開発部門から管理職へとなりましたが、やはり管理職になるとチームワークや業績を伸ばすなど色々と計画的に業務を推進していかねばなりませんし、かなり計画的に仕事を行う必要があります。一つのプロジェクトをまとめていかねばなりませんし、また出張などの割り振りも行う必要があるので、色々と計画的に進めていく必要があります。やはり管理職になった以上、無責任な対応では社員も困りますし。しっかりと対応していく必要があります。社員の都合もあるので、まずはタスク管理にてスケジュールを一覧して、全てのチームメンバーの予定を把握していくことはポイントになります。空きがある場合には、出張予定を入れてもらったり、計画的に調整してもらうことど何かと上手に仕事が進むようになります。管理職としてきちんと仕事をやっていくには、こうしたチームメンバーのスケジュール調整を行うことは、何より大切になりますしまとまっていきます。

IT業界の管理職はメンバー管理が大切です

IT業界の管理職になったら、メンバー管理がとても重要になります。チームにてプロジェクトを運用していくことになるため、しっかりとチームの仕事遂行状況の把握なども必要になります。やはりチームでの業務になるため、締切期限に合わせて作業を行うことになりますし、チームメンバーの協力が何より大切になるため、タスク管理をしっかり行い、管理職はメンバーの管理や仕事調整を確実に行っていくことが大切になります。しっかりと計画的に業務を行うことが、管理職は業務をきちんとこなすことが何より大切になります。色々と業務を推進していくためにもメンバーの管理が大切になります。管理職は開発業務はチームメンバーに任せ、顧客先との打ち合わせ、業務内容の説明や調整など様々なことを把握してスムーズに業務を行う必要があります。以前は開発業務に携わっていた方も管理職になることで、メンバーのタスクツールを利用して業務を円滑にすることが大切になります。

エンジニアもいずれ管理職に

ITエンジニアといっても、いずれ管理職ということになるでしょう。
ずっと技術一本というのはなかなかむずかしいと思います。
以降、しばらく、管理職について書いていきます。

 

IT系プロジェクト案件のリーダーが考えるポイント

IT系のプロジェクト案件でリーダーを任されなら、まず抑えておきたいことは、そのプロジェクトのコンセプトやビジョンを明確にしておくことです。

何故、プロジェクトが重要なのか?

市場や顧客のニーズにマッチした内容なのかか?

そして、プロジェクトを成功差せるために、どれだけの市場性が見込めるのかをしっかりと整理して把握しておくことです。

これ等のことが固まっでこそ、次のステップに進むことができます。

次に考えておくことは、プロジェクトを進める上での人員配置、役割分担、予算配分、そして納期を想定した逆算的スケジュール管理です。

何時までに誰が、どのようなことを分担しながら、一つひとつの仕事を完せていくのか?

複数のメンバーに仕事の目的意識も自せながら、進めて行く必要があります。

その中で、大胆な権限委譲を行う反面、逐次、仕事の進捗状況を共有化て、チェック&フォローも必要です。

できるだけ同じ作業が輻輳しないように配慮しつつ、全体管理を行うことです。

営業SEってなんでしょうか

システムエンジニアとして仕事をしているつもりでも、いつしか営業的な仕事を求められます。「営業SE」なんて言葉もあるようです。
システムエンジニアしながら仕事もとってこいということですよね。ひどい話だという気もしますが、会社側としてそういうことを言いたくなるのはわかります。何歳までシステムエンジニアとして仕事できるのかと考えると営業的感覚を身に着けておいて損はないでしょう。
中小の企業で派遣先に常駐してる形態であれば、営業というより、派遣先で引き続き仕事をもらう、自社から増員してもらえるよう、まずはしっかりと派遣先で仕事することです。仕事をもらえなくならないようにするということは仕事が続く、拡大する可能性があるということなので、それも一つの営業だというかなり無理がある論理もなりたつような気も。。。
実際、仕事ぶりがよければ、仕事を回してもらえるようになる可能性は大きいので、しっかりエンジニアとしての仕事をやりましょう。

会社側としては、仕事とってこいというだけではなく、そういうならば、営業的なノウハウの注入する仕事をそれなりにやるべきです。

 

社内IT件名の推進について

私は電車のIT推進件名の自部門の担当者として役割を与えられています。営業部門ですからSFAや顧客情報管理のサーバー管理など様々なIT件名がありますがどうしても日常業務が忙しくて自分事と捉えられない社員がほとんどです。

そんな中でも会社としてはきちんとした体制を整える必要があります。それぞれのメンバーがITの必要性を感じているもののそれがいかにメリットがあるのか、逆に導入しないことでどのようなトラブルがあるのかを自覚していないことが大きな問題だと捉えています。ですから、前者で起こったトラブルや成功した賢明をできるだけ多く紹介することで 、 ITを導入することのメリットをどれだけ私が自分の部門に浸透させることができるかが私のミッションだと考えています。

このように一方的に仕組みを押し付けるのではなく少しずつ理解させることで自然とITを推進していこうと言う機運を高めるのが私の仕事ではないかと考える次第です。

ITプロジェクトのリーダーがなすべきこと

社内でIT革新の大プロジェクトが発動して、そのリーダーに任命されたのなら、まず、プロジェクトの必要性、具体的な導入のシステムと運用の仕組みの構築、予算、導入・運用スケジュール等の概要や骨子をまとめ上げて、会社の経営層の理解を求めることが必要です。

社内の業務革新を行うためのプロジェクト発動なので、会社の理解がなければ全社員の協力や支援を受けることが困難だからです。

まずはこの手続きを最優先に行わなければなりません。

次に進めることは、プロジェクトメンバーとの意識共有です。

メンバー間の意思疎通が履かれていないとスムーズな進行を行うことができません。

目的を共有化することで、メンバー間の仕事をお互いに協力することで、プロジェクトの各項目を担当する各メンバーが自己の判断で仕事を分担しながら、遂行さていくことができるのです。

また、常に定期的なミーティング等を行い、各イベント進捗を確認し合いながら、全体調整を図っていくとも必要です。