IT系プロジェクト案件のリーダーが考えるポイント

IT系のプロジェクト案件でリーダーを任されなら、まず抑えておきたいことは、そのプロジェクトのコンセプトやビジョンを明確にしておくことです。

何故、プロジェクトが重要なのか?

市場や顧客のニーズにマッチした内容なのかか?

そして、プロジェクトを成功差せるために、どれだけの市場性が見込めるのかをしっかりと整理して把握しておくことです。

これ等のことが固まっでこそ、次のステップに進むことができます。

次に考えておくことは、プロジェクトを進める上での人員配置、役割分担、予算配分、そして納期を想定した逆算的スケジュール管理です。

何時までに誰が、どのようなことを分担しながら、一つひとつの仕事を完せていくのか?

複数のメンバーに仕事の目的意識も自せながら、進めて行く必要があります。

その中で、大胆な権限委譲を行う反面、逐次、仕事の進捗状況を共有化て、チェック&フォローも必要です。

できるだけ同じ作業が輻輳しないように配慮しつつ、全体管理を行うことです。

営業SEってなんでしょうか

システムエンジニアとして仕事をしているつもりでも、いつしか営業的な仕事を求められます。「営業SE」なんて言葉もあるようです。
システムエンジニアしながら仕事もとってこいということですよね。ひどい話だという気もしますが、会社側としてそういうことを言いたくなるのはわかります。何歳までシステムエンジニアとして仕事できるのかと考えると営業的感覚を身に着けておいて損はないでしょう。
中小の企業で派遣先に常駐してる形態であれば、営業というより、派遣先で引き続き仕事をもらう、自社から増員してもらえるよう、まずはしっかりと派遣先で仕事することです。仕事をもらえなくならないようにするということは仕事が続く、拡大する可能性があるということなので、それも一つの営業だというかなり無理がある論理もなりたつような気も。。。
実際、仕事ぶりがよければ、仕事を回してもらえるようになる可能性は大きいので、しっかりエンジニアとしての仕事をやりましょう。

会社側としては、仕事とってこいというだけではなく、そういうならば、営業的なノウハウの注入する仕事をそれなりにやるべきです。

 

社内IT件名の推進について

私は電車のIT推進件名の自部門の担当者として役割を与えられています。営業部門ですからSFAや顧客情報管理のサーバー管理など様々なIT件名がありますがどうしても日常業務が忙しくて自分事と捉えられない社員がほとんどです。

そんな中でも会社としてはきちんとした体制を整える必要があります。それぞれのメンバーがITの必要性を感じているもののそれがいかにメリットがあるのか、逆に導入しないことでどのようなトラブルがあるのかを自覚していないことが大きな問題だと捉えています。ですから、前者で起こったトラブルや成功した賢明をできるだけ多く紹介することで 、 ITを導入することのメリットをどれだけ私が自分の部門に浸透させることができるかが私のミッションだと考えています。

このように一方的に仕組みを押し付けるのではなく少しずつ理解させることで自然とITを推進していこうと言う機運を高めるのが私の仕事ではないかと考える次第です。

ITプロジェクトのリーダーがなすべきこと

社内でIT革新の大プロジェクトが発動して、そのリーダーに任命されたのなら、まず、プロジェクトの必要性、具体的な導入のシステムと運用の仕組みの構築、予算、導入・運用スケジュール等の概要や骨子をまとめ上げて、会社の経営層の理解を求めることが必要です。

社内の業務革新を行うためのプロジェクト発動なので、会社の理解がなければ全社員の協力や支援を受けることが困難だからです。

まずはこの手続きを最優先に行わなければなりません。

次に進めることは、プロジェクトメンバーとの意識共有です。

メンバー間の意思疎通が履かれていないとスムーズな進行を行うことができません。

目的を共有化することで、メンバー間の仕事をお互いに協力することで、プロジェクトの各項目を担当する各メンバーが自己の判断で仕事を分担しながら、遂行さていくことができるのです。

また、常に定期的なミーティング等を行い、各イベント進捗を確認し合いながら、全体調整を図っていくとも必要です。

IT案件のプロジェクトマネジメント

私は顧客に対するIT案件のプロジェクトマネジメントのリーダーを担当しています。
案件そのものはそれほど大きくはありませんが社内横断的な組織でプロジェクトを構成し、推進する役割です。もちろん技術者やSEに関しては相当レベルの高く黒の能力は高いのですがどうしてもトータルで考えた際のコストマネジメントやスケジュール管理が苦手なメンバーが多いのも特徴です。
特に社内横断的な組織形成をとっているため、責任分担が曖昧になりがちなところも大きな問題です。私自身はITに関する知識はそれほど高くわけではありませんが営業経験があり、社内調整や役割分担を明確にする、または開発にあたっての隙間をどうやって埋めるかと言う管理を行うことに関してはそれなりの経験がありますのでちょうどマッチした人材だと自分自身で感じています。こうしたプロジェクトを推進する際にはどれだけ主体者意識を持って仕事をさせるか、さらには自分自身のミッション以外もどうやって目を向けさせるかが大きなポイントになってくると思います

システムエンジニアの役割について

1.システムエンジニアの作業内容
システムエンジニアは会社によって作業内容に多少違いはありますが、大まかには下記の作業を行います。
① 要件定義書作成
依頼人(クライアント)と営業やプロジェクトマネージャーが練った機能仕様書を読み解き、成果物の機能要件を洗い出します。
この作業をきっちり行えないとプロジェクトはかなりの確率で遅延します。
記述内容はクライアントにも分かるように書きます。

② 方式定義作成
要件定義書を基に、製造を行えるように様々な情報を設定します。
ファイル構成やディレクトリ構成、どの機能をどのように作成するか等を決めます。
記述内容はエンジニア向けに書くことが多いです。

③ 製造(プログラミング)
①②の成果物を基にして、製造を行います。

④ テスト項目書の作成
②の成果物を基にテスト項目書を作成します。
想定できる動きを書き出していくので、実際の動作としてはありえないような事も項目に記述したりします。

⑤ テストを実施
④の成果物を基にテストを実施します。
テスト中にエラーが出るのが常なので、エラーが発生するたびに障害書を作成します。
テストには段階がいくつかあり、徐々にエラーは減っていく様になります。

2.システムエンジニアが学ぶべきこと
プログラミングの知識以外に、何を作りたいのか認識していないと、
何も作れないので各現場ごとに作りたい物に対しての知識が必要になります。
機能仕様書にほとんどの事は記載されていますが、専門用語などが多く現場に入ってから自分で調べる事が大切です。
昨今はプログラミング知識はネットで調べれば出てくるので、作りたいものに対する知識を持っているほうが重宝されています。

3.まとめ
システムエンジニアとプログラマーの違いは、要件定義から作成するか、製造から作成するかにあります。
システムエンジニアの場合、プロジェクトの進行を左右する要件定義から作成する為、
責任も大きくなりますが、単価も大きくなります。
また重要なのは最低限のプログラミングとパソコンに対する知識と、業務に対する深い知識です。

システムエンジニアの転職は必ず資格でアピールする事

自分の好きな仕事をする中で最近ではシステムエンジニアとして働いていく事を考える方も多いのではないのでしょうか。やはりこのような仕事をする中で自分の今後にとって大変素敵なスキルを磨いて最適な仕事の中で素敵な時間を送っていく事ができます。システムエンジニアは大変ハードで最近では大変多くの言語が市場に出ていますので、転職市場もどの言語に強みがあるエンジニアあかで細分化されています。自分の好きな言語を駆使して最適な仕事を勝ち取っていく事は今後の労働市場で自分が勝ち組となるには大変重要な事となるのです。自分が業務で行っている言語の資格を取得する事は大変重要な転職の際のアピールとなります。このような資格を全面にアピールする事で自分らしいスキルで面接官に的確にアピールする事ができます。素敵な人生にはこのような方法で自分をアピールして多くの内定をゲットする事も大変重要な事となるのですから是非、面接前や在職期間中にきちんとした資格をゲットする事で自分らしい転職活動を行っていく事を考えてはいかがでしょうか。やはりその分野のスペシャリストは大変重宝される傾向がありますので、そのような点を十分に考えていく事で自分らしい人生を愉しんでいくことが重要な考え方となります。素敵な自分でいつまでもいるには継続的な学習を頑張っていく事が大変重要な事となるのです。自分を強くアピールする事が成功する転職には重要な事となるのです。

中途採用のシステムエンジニアに求められる要件

システムエンジニアの転職希望者は、色々な実績や経験を持っている人が面接を受けにきますが、採用側で即採用したいと思える人は、過去の実績を多く持っている人を優先することは、ほとんどありません。。
大事なことは、その人がどんなスキルを持っているか、そして、そのスキルをどのように活かしたいのか、自分のピジョンをしっかりの持っている人が、採用要件の事項と考えます。
しかも、面接を受ける企業で、そのスキルを使い、具体的な貢献度合いや想いを語ることができる人ならば、大変有望な人材と言えます。
また、周りの人間との協調性が取れることも、重視しています。
転職組を受け入れる目的は、即戦力として活躍してもらうことです。
しかし、システムエンジニアの仕事は一人で成し得るものではありません。
チームとしての活動が必要なので、協調性を取ることができることも重視しています。
スタントブレイ的な傾向の強い人は、どんなにスキルを持っていても、ビジョンが明確に語れたとしても、決していい結果を生み出すことができません。
むしろ、周りとの軋轢を作るだけです。
面接をしている時に、こちらの質問に応えるだけでなく、積極的に自分の論理を展開して述べる人がいますが、その多くは人の話を聞くより、一方的に話す傾向が強いので、おそらく自分優先でしか物事を考えることができないタイプです。
このような人は、中途採用でも採用するケースは、全く皆無です。
自分のビジョンをしっかりと有しつつ、チームワークも図ることができる人を優先的に採用していくことになります。

 

プロジェクトリーダーの役割について

IT企業は単に個人が勝手に動いているわけではありません。あらゆる案件ごとにチームを組み、それぞれにプロジェクトマネジメントが重要になっています。
そんな中でもプロジェクトリーダー、ようするにプロジェクトを率いるリーダーの役割は非常に重要です。まずはプロジェクトメンバーの選定、コスト管理、役割分担、進捗管理、さらには社内だけではなく状況によっては顧客への進捗説明や立ち合い検査などにも席委任者としてかかわっていくことになります。すべてにおいてを把握で来るわけでもありませんので県気に状の範疇も自分自身で決めなければなりません。さらに重要なのは課題が発生した際の問題解決能力です。ビジネスですから最終的には全体最適、そして企業にとってプラスにプロジェクトをもっていかねばなりません。一人の技術者としての役割に甘んじることなく、全体把握することを求められるわけです。
プロジェクトマネジメントは経験も重要な要素です。

プロジェクトリーダーの仕事を探すならこちらのサイトがおすすめです。

システムエンジニアの仕事について

システムエンジニアはIT業界の中でもよく知られた名前だと思います。略してSEと言われています。仕事の内容は簡単に言うと依頼人からの聞き取り調査を行い依頼人が望むようなシステム設計を行うことです。その中でも聞き取り調査の部分はとても大切な業務になります。依頼人がどのようなシステムを望んでいるのかを明確にしていかないと後になって修正を求められたりして困るのは自分自身です。しかし予算や期間などもありますので、その中でできることを算出して、依頼人の要望をいかに実現していくかということが求められる仕事なのです。そこで練られた内容でシステム開発を進めて行きます。システムが完成してから使用運転をして見て設計通りに機能するかということを確認することもシステムエンジニアの仕事になります。システムエンジニアは技術面だけではなく依頼人のニーズに答えたりできないことを断ったりしなくてはならないので、コミュニケーションの能力も必要になってきます。新しい技術なども年々増えてくるので日々勉強のような仕事なのです。新しいことをその都度その都度覚えていかなければならないので、それに関しても大変な作業が続いて行きます。システムエンジニアは気力と根性が勝負の仕事なのです。

システムエンジニアの仕事を探すのであればこちらがお勧めです。