IoT開発の仕事の未来

IoTの仕事はある意味、基本技術に関しては汎用化されているといっても過言ではないでしょう。モノのインターネットといってもそのモジュール開発によって単価が下がったり、軽くなったり、耐久性があがるといえるだけです。

むしろ、その仕事の未来を考えるのであれば、いかにサービスを提供することができるのか検討する能力にかかってくると思います。そして、企業としての技術力だけではなく提案力やサービス開発、さらにはメンテナンスを含めてトータルで抱えることができなければ継続的な受注を行う事は難しいといえます。

技術者の役割としてはいかにメンテナンスをしやすい仕様にすることができるかどうか、また物との相性をいかによく設計することができるかにかかってきます。それからは企業として企画部門や営業部門の力にかかってくるところがこれからは間違いなく重くなるはずです。

企業としてのトータル提案行うことで将来を大きく開けてくると思います。

 

IoT開発の仕事

IoTの仕事に携わるのであれば、末端よりもさらに中枢で各社外と関わっていくべきだと
考えます。
なんといってもプロジェクトそのものが非常に大きなものであり、いかに売り上げに
つなげることができるかというのは、かなりの死活問題になるような、課題に
なるわけですから。社外に同様の方向性を見出す企業であれば、提携する、
または提案をいかに共同で行うかといったところまで踏み込んで、連携を
模索した方が良いかもしれません。

IoTの仕事はなんといっても蓄積されたノウハウが必要でかつ、用途により、求められる
レベルも高いことは確かです。
だからこそ、わかい人材を交流につなげるために他者との連携を模索することが
大前提になってくることは間違いのない事実となります。

ここの技術者のスキルだけでは個別案件に対応しきれないということがあってはなりません。だからこそ他社と連携することで心の壊れていくことが大きなポイントになってきます。